IPOでキャンピングカー!?(初値予想投票と当選落選報告)
IPO初値予想とIPOデータ分析・証券会社別IPO取扱数や口座数の比較一覧等、IPO当選の秘訣公開中!IPO株をGETして、憧れのキャンピングカーを手に入れるぞぉ!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


IPOの達人が勢ぞろい!ポチッと宜しくお願いします!
にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ   人気ブログランキング
2008年IPOの総括(2005~2008年トレンドデータ)
今年のIPOも終了!

何とか最後のグリーとpaperboy&co.にて
IPOらしさをかもし出したものの、全体的には
超低調な年でした。。。

ということで今年1年分のトレンドデータを集計してみました。

2008年のIPO 及び 直近3年(2005年~2007年)の
IPOデータ比較です。

 ①新規上場企業数
 ②単位当り公開数
 ③単位当り公募金額
 ④単位当り初値
 ⑤初値売り時、単位当り平均利益
 ⑥初値売り時、単位当り平均利益率

上記6つのIPOデータを年別に落としこんだものが、
最初のIPO推移表です。

その他、各年月別に比較していますが、どれもこれも
データはきれいに今年が最悪墓ドロドクロmoz

上場数はまだしも、平均利益額も利益率も
これじゃあね。。。はぁ

勝率(銘柄数ベース)なんて5割切っちゃってるし!


とにかく来年に期待!


 他の方の今年のIPO状況は?⇒IPO新規公開株


IPO2008トレンド


IPOの達人が勢ぞろい!ポチッと宜しくお願いします!
にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ   人気ブログランキング
スポンサーサイト

テーマ:IPO - ジャンル:株式・投資・マネー

IPO証券会社ランキング③口座当りの個人抽選配分率
先日は証券会社別に、2007年IPOの内、

個人完全抽選への配分数ランキングというのを書いてみました。

ちょっとおさらい。
(比率は2007年のIPO公開株式総数に対する取扱構成比です)

2007年IPO個人抽選配分ランキング(総合)

 1位:野村證券         1.80%
 2位:大和証券           1.74%
 3位:日興コーディアル証券   0.53%
 4位:マネックス証券        0.47%
 5位:イー・トレード証券      0.45%

2007年IPO個人抽選配分ランキング(オンライン証券)

 1位:マネックス証券      0.47%
 2位:イー・トレード証券      0.45%
 3位:オリックス証券        0.15%


さて、今回はこれに口座数も加味してみます。

前回集計した、2007年の証券会社別個人完全抽選配分数
を各社の口座数で割ると、口座当りの割当数となります。

これを、またランキング形式で表すと、

2007年IPO口座当り個人抽選割当率ランキング(総合)

 1位:オリックス証券      2.36%
 2位:大和証券           1.52%
 3位:マネックス証券        1.48%
 4位:ジョインベスト証券      1.39%
 5位:野村證券            1.14%

となります。

突然、オリックス証券が飛び出してきました!

あくまで、単純に2008年3月の口座数で割り算したもので、
正確に当選率とはリンクしませんが、取扱数・個人配分数
からみて、オリックス証券は他者と比べてかなり競争率は
低くて狙い目のようです♪



今回はここまで。

ここまでの情報では、過去の取扱実績等から、
IPO狙いの口座開設時に、どの証券会社を優先的に選択すべきか
という観点において、参考になるかと思います。

但し、実際IPOに申し込む際には、銘柄ごとに
 証券会社別の
 「配分数」「個人抽選配分数(予想)」「口座数」

等を考慮したうえで、どの証券会社から申し込むのが最も
当選確率が高いのか
を検討することになります。

このあたりは、また今後記事にしてみたいと思いますので
乞ご期待!


IPOの達人が勢ぞろい!ポチッと宜しくお願いします!
にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ   人気ブログランキング

テーマ:IPO - ジャンル:株式・投資・マネー

IPO証券会社ランキング②個人完全抽選配分数2007
先日の記事(IPO証券会社ランキング①取扱(銘柄・単位)数2007)で
証券会社別のIPO取扱単位数ランキングを公開しました。

ちょっとおさらい。
(比率は2007年のIPO公開株式総数に対する取扱構成比です)

2007年IPO取扱単位数ランキング(総合)

 1位:野村證券         35.76%
 2位:大和証券           12.82%
 3位:日興コーディアル証券    4.27%
 4位:三菱UFJ証券         3.14%
 5位:新光証券            2.05%

2007年IPO取扱単位数ランキング(オンライン証券)

 1位:イー・トレード証券    0.75%
 2位:マネックス証券        0.51%
 3位:オリックス証券        0.18%



ここから今回の集計データです。

上記の2007年IPOの内、個人の完全抽選に配分されたのは
どれくらいでしょうか。
(比率は2007年のIPO公開株式総数に対する個人抽選分構成比です)

2007年IPO個人抽選配分数ランキング(総合)

 1位:野村證券         1.80%
 2位:大和証券           1.74%
 3位:日興コーディアル証券   0.53%
 4位:マネックス証券        0.47%
 5位:イー・トレード証券      0.45%

2007年IPO個人抽選配分数ランキング(オンライン証券)

 1位:マネックス証券      0.47%
 2位:イー・トレード証券      0.45%
 3位:オリックス証券        0.15%

意外にも、野村・大和・日興の総合証券会社がトップ3となりました。
(ホンマかいな?)
オンライン証券では、取扱数では2位だったマネックスが1位に逆転です。


でも、だからといってIPOの当選確率もこのランキング通りとは限りません。
そうです。参加者(母数)が異なるからです。


さて、次回は更に各社の口座数等も加味して考えてみたいと思います。


※上記データは、日本証券業協会の
 「新規公開に際して行う株券の個人顧客への配分状況」
 から独自に集計したものです。
 誤集計があった際にはご了承ください。



IPOの達人が勢ぞろい!ポチッと宜しくお願いします!
にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ   人気ブログランキング

テーマ:IPO - ジャンル:株式・投資・マネー

IPO証券会社ランキング①取扱(銘柄・単位)数2007
IPOのための証券会社ランキング第一弾♪

2007年1月~12月の証券会社別IPO取扱銘柄数、及び
IPO取扱単位数ランキングです。
(取扱数には委託分も含む)


まずは、取扱銘柄数ランキング
(比率は取扱参加率です)

1枚でも引受をしていれば、カウントを行っています。
そのためカブドットコムが三菱UFJに引っ張られて大健闘です。

2007年IPO取扱銘柄数ランキング(総合)

 1位:みずほインベスターズ証券 61.2%
 1位:三菱UFJ証券         61.2%
 3位:カブドットコム証券        60.3%
 4位:イー・トレード証券         57.9%
 5位:野村證券              55.4%


2007年IPO取扱銘柄数ランキング(オンライン証券)

 1位:カブドットコム証券       60.3%
 2位:イー・トレード証券         57.9%
 3位:マネックス証券          37.2%


続いて取扱単位数ランキング
(比率は年間のIPO公開株式総数に対する取扱構成比です)

ホントはこの情報が大事なんですが、
なかなか纏まったデータが見つけられませんでしたので
自分で集計しちゃいました。。。

こちらは、やっぱりという感じですね。
総合ランキングではオンライン証券の出る幕はありません。
野村證券の取扱構成比は、脅威の約36%!

2007年IPO取扱単位数ランキング(総合)

 1位:野村證券           35.76%
 2位:大和証券             12.82%
 3位:日興コーディアル証券      4.27%
 4位:三菱UFJ証券           3.14%
 5位:新光証券              2.05%


2007年IPO取扱単位数ランキング(オンライン証券)

 1位:イー・トレード証券      0.75%
 2位:マネックス証券          0.51%
 3位:オリックス証券          0.18%


更に、もっと大事なデータは、
「ここから個人に配分されるのはどれだけか?」
ということになるのですが、それはまた別の機会に。


※上記データは、日本証券業協会の
 「新規公開に際して行う株券の個人顧客への配分状況」
 から集計したものです。
 誤集計があった際にはご了承ください。


IPOの達人が勢ぞろい!ポチッと宜しくお願いします!
にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ   人気ブログランキング

テーマ:IPO - ジャンル:株式・投資・マネー

IPOデータ:取扱数と口座数前年比一覧
2007年IPO件数:188件
2008年IPO件数:122件

IPO新規上場件数が前年比△64件(△34%)の中で、
各社のIPO取扱件数の増減と、口座数の増減は
以下の一覧表の通りです。

これらの数値の組み合わせで、各社の当選確率が
昨年よりどれだけアップorダウンしたかが考察できる
かと思います。

(実際は、取扱件数ではなく取扱単位数で考えるべき
 ですので、あくまでひとつの参考値です。
 現在、この辺り+個人配分比・抽選配分比もふまえて
 データ整理中です。)

主なオンライン証券会社のIPO取扱実績と口座数前年比較一覧

証券会社名
IPO取扱数
2006年
IPO取扱数
2007年
(委託含む)
07/3月末
口座数
(万件)
08/3月末
口座数
(万件)
マネックス証券
102
45
75
83.5
イー・トレード証券
119
70
140.6
166.2
楽天証券
44
20
67.5
80.0
カブドットコム証券
51
73
56.3
62.2
エイチ・エス証券
7
13
8.2
8.7
ジョインベスト証券
17
33
12.9
24.9
岩井証券
7
17
オリックス証券
39
13
14.7
16.6
松井証券
54
9
66.8
72.9
コスモ証券
31
14
36.9
ジェット証券
15
8
8.2
8.7
クリック証券
3
3
2.2
4.3
かざか証券
1
11
18.7
18.0
(08/2月)
丸三証券
4
10

(注)免責事項


IPOの達人が勢ぞろい!ポチッと宜しくお願いします!
にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ   人気ブログランキング

テーマ:IPO - ジャンル:株式・投資・マネー

Copyright (C)2007 IPOでキャンピングカー!?. All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。