IPOでキャンピングカー!?(初値予想投票と当選落選報告)
IPO初値予想とIPOデータ分析・証券会社別IPO取扱数や口座数の比較一覧等、IPO当選の秘訣公開中!IPO株をGETして、憧れのキャンピングカーを手に入れるぞぉ!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


IPOの達人が勢ぞろい!ポチッと宜しくお願いします!
にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ   人気ブログランキング
IPO証券会社ランキング③口座当りの個人抽選配分率
先日は証券会社別に、2007年IPOの内、

個人完全抽選への配分数ランキングというのを書いてみました。

ちょっとおさらい。
(比率は2007年のIPO公開株式総数に対する取扱構成比です)

2007年IPO個人抽選配分ランキング(総合)

 1位:野村證券         1.80%
 2位:大和証券           1.74%
 3位:日興コーディアル証券   0.53%
 4位:マネックス証券        0.47%
 5位:イー・トレード証券      0.45%

2007年IPO個人抽選配分ランキング(オンライン証券)

 1位:マネックス証券      0.47%
 2位:イー・トレード証券      0.45%
 3位:オリックス証券        0.15%


さて、今回はこれに口座数も加味してみます。

前回集計した、2007年の証券会社別個人完全抽選配分数
を各社の口座数で割ると、口座当りの割当数となります。

これを、またランキング形式で表すと、

2007年IPO口座当り個人抽選割当率ランキング(総合)

 1位:オリックス証券      2.36%
 2位:大和証券           1.52%
 3位:マネックス証券        1.48%
 4位:ジョインベスト証券      1.39%
 5位:野村證券            1.14%

となります。

突然、オリックス証券が飛び出してきました!

あくまで、単純に2008年3月の口座数で割り算したもので、
正確に当選率とはリンクしませんが、取扱数・個人配分数
からみて、オリックス証券は他者と比べてかなり競争率は
低くて狙い目のようです♪



今回はここまで。

ここまでの情報では、過去の取扱実績等から、
IPO狙いの口座開設時に、どの証券会社を優先的に選択すべきか
という観点において、参考になるかと思います。

但し、実際IPOに申し込む際には、銘柄ごとに
 証券会社別の
 「配分数」「個人抽選配分数(予想)」「口座数」

等を考慮したうえで、どの証券会社から申し込むのが最も
当選確率が高いのか
を検討することになります。

このあたりは、また今後記事にしてみたいと思いますので
乞ご期待!


IPOの達人が勢ぞろい!ポチッと宜しくお願いします!
にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ   人気ブログランキング

テーマ:IPO - ジャンル:株式・投資・マネー

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ipog.blog106.fc2.com/tb.php/264-f82f254d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

Copyright (C)2007 IPOでキャンピングカー!?. All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。